自分史の自費出版 ~初めての方でも安心の「親切サポート」~

「ひたむきに歩んで来たわが道…を 「カタチ」 にする自分史の自費出版」

自費出版のジャンルの中でも皆様が取り上げられるケースが多いのが、自分史ではないでしょうか。

自分史づくりは、ご自分の人生をふりかえりながら文章を書き、自費出版の本にまとめていくことになりますので、自分自身を見つめ直すことによって、あらたな自分を発見するというような感動が味わえるかもしれません。

またその執筆過程は、一度しかない人生をあらためて歩むような感覚に似ているともいえます。

「自分史」はあなたご自身と、あなたに関わってきた方々、あるいはこれから関わってこられる方々のための一冊となるものと思われます。

自費出版ドットコムはこれまで、多くの自分史づくりに携わって参りました。

書籍の本文レイアウトや挿絵イラスト作成、紙質、装丁、印刷、製本方法にこだわり、
長年の出版印刷で培われた経験と豊富な知識で制作にあたり、あなたの自分史出版のお手伝いをいたします。

「様々な文芸誌の出版を手懸けています」

自費出版ドットコムは、これまで自分史・句集(俳句集)・歌集(短歌集)・和歌・短歌・川柳・自伝・自叙伝・遺稿集・絵本・旅行記・体験記・画集・エッセイ・趣味・実用本・家族記念誌・ブログ本などの図書出版の印刷に携わってまいりました。

当社は東京都港区新橋で自分史・句集・歌集・川柳等を「本」という形にするお手伝いをさせていただいております。

出版スタイル

「自身のために、家族、友人のために「自分史」を作ってみませんか」

自分史をつくることの最大のメリットは、自分が生きてきた証を残せるということです。
自分史に興味があっても、どうやって原稿を書いていいかわからないという方も多いかと思います。

難しく考えないで普段の自分をそのままの飾らずに書いてみてはいかがでしょうか。

「自分史の原稿を新たに書いてみる」

自分史の書き方の絶対的な法則はないと言われています。

「自分史」は、ご自分の全てを書いてもかまいませんが、
ある時代のある面だけを書いても、自分らしさは充分表現できます。

図書館等で刊行されている自分史をいろいろご覧になってご自分に合ったスタイルを探してみられるのも良いかと思います。

「今まで書き溜めた原稿をまとめてみる」

今まで書き溜めてきた詩、文章や絵画、写真、長年研究・調査してきたもの、
あるいは体験や経験をなにかの形で伝えていきたいという気持ちで自費出版される方が増えています。

「出版して生きた証を残す」

自分の生きた証として「自分史」という一冊の本にすることはとても素晴らしいことだと思います。
本は人から人へと一人歩きをします。その本に記された生きた証が活字で永遠に残せることになるのです。

「写真自分史・写真家族史の魅力」

文字中心でない写真自分史や写真家族史でそれぞれの歴史をご自分やご家族の写真をふんだんに使って作成することもできます。
写真仕立てですのでビジュアル的に美しい本ができあがります。

「少部数でも出版できる」

少部数、小ロットタイプの自費出版が可能です。10部から本格的な本が作れます。
費用的には、10部より20部のほうが割安となり、部数が増加するにしたがって一冊当たりの費用は安くなります。

「原稿は、アナログ原稿、デジタル原稿のどちらでも大丈夫」

自費出版する際のご用意いただく原稿は、手書きの原稿、文字だけパソコン(PC )で入力されたテキストデータ、Word等でレイアウト編集されたデータ等々、ご自身で作成できる原稿でご入稿いただけます。

「冊子のサイズ」

冊子のサイズは、A5判が最も多く発行されていて、B6判、四六判も用いられる場合があります。

「表紙用紙の種類」

カラー印刷の表紙の用紙は、光沢のあるアートポスト紙を用います。

モノクロ印刷の表紙の用紙は、ツムギ、みやぎぬ、ろうけつ等の紙の表面に模様が施された厚い紙が人気で少部数発行の冊子でもお好みの紙色をお選びいただけます。

「表紙用印刷データ作成サポート」

お客様ご自身で表紙用印刷データの作成が困難の場合は、当社のデータ作成の熟練スタッフが代行して作成いたします。

「本文用紙の種類」

本文の用紙は、一般の書店で販売されている単行本や文庫本で使用されているクリーム色をした書籍用紙で経年劣化に強い「クリームキンマリ」という銘柄の用紙を用います。

「紙媒体の本の良さ」

紙の本は、電子本にはない、本に触れた時の手触り感、あたたかみ、表紙カバーや表紙の存在感、紙とインクのにおい等々の紙に印刷した本の良さがあります。図書出版の紙の本は、今なお根強い人気があります。

「ご予算タイプ別バリエーションをご用意しています」

自費出版.comでは、ソフトカバータイプの「簡易版」「標準版」「本格版」、「ハードカバータイプの上製本版」等の6種の出版・印刷製本コースご用意しておりますので、ご予算やお好みの装丁・仕様に応じて選択することができます。

お客様の想いがイメージどおりの本に仕上がるように、自費出版.comの専門スタッフが自分史の本創りのお手伝いをさせていただきます。

「出版の費用」の詳細は、価格表ページをご覧ください!
4種の出版・印刷製本コースの価格表を掲載しております。ご質問、ご相談等ございましたら何なりとお申しつけください。

「原稿の入稿方法」

原稿は、お客様がご用意しやすい形式方法でご入稿ください。原稿の形態は問いません。
手書きの紙原稿、ワードや一太郎で文字入力したデジジタルテキスト原稿、同様に文字の入力から編集、写真画像類の配置等のレイアウト組版を完成させたデジタルデータ原稿など様々なご入稿原稿に対応しております。

「丁寧な対応とアドバイス」

本の厚さ、大きさ、仕様、本文の組み方、用紙、装幀などのすべてにわたって、アドバイス・サポートをさせていただきます。

あまり、本の知識が無くても大丈夫です。入稿方法や本の装丁、仕様に関すること、進行の手順等を初めての方にも、分かりやすく丁寧にご説明をさせていただきます。
自分史の図書出版をご検討、お考えの方は、お電話、メール、お問い合わせフォーム、FAX等でお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

当社の専門スタッフが、自分史の実績による経験と知識(ノウハウ)で丁寧にサポートをさせていただきますので、お気軽に問い合わせください。

自分史の本の表紙に使用する用紙選びがとても重要です!

「表紙用紙の選び方によって自分史の本の仕上がり・雰囲気が大きく変わります」

表紙の用紙の紙の厚さ(斤量)の決め方は、本文のページ数が多いか少ないかによって表紙の厚さが決まります。

本文のページ数が少ない場合は、153kg、175kg程度、本文のページ数が多い場合は、210kg、215kg程度がバランスよく仕上がります。

自分史の表紙に合う多彩な風合いの用紙をご用意いたしました。
自分史の本の内容に合わせ表紙用紙の特殊紙の色柄がお選びいただけます。

特殊紙 「つむぎ (50色) 四六判/170kg、210kg」

着物の八丈紬を模したという「つむぎ織り」の横縞が特徴で、つむぎ織りのような風合いの和風・質感をもつ用紙です。

特殊紙 「みやぎぬ (17色) 四六判/170kg、200kg」

上品な織物のような色合いと風合いでタテヨコに布目の雰囲気を感じさせるシボの凸凹が入っている用紙です。

特殊紙 「マーメイド 四六判/153kg (69色)、四六判/215kg (14色) 」

ふんわりとしてやわらかな細かい「さざ波模様」の手触り感のある用紙です。
書籍装丁用紙として幅広く愛用されています。

特殊紙 「江戸小染 (12色) 四六判/175kg」

日本の伝統的な型染めである「江戸小紋」をモチーフとした花柄のエンボス加工(浮き出し模様)が施された上品で気品のある用紙です。

特殊紙 「レザック66 (50色) 四六判/175kg、215kg」

レザックとは、レザーライク、革のようなという意味です。

カーフ(仔牛の皮)風のテクスチャーの模様(凹凸)が高級感と立体感のある紙面と手触りが楽しめるエンボス紙です。
冊子の表紙として幅ひろく使用されています。

カラー印刷用紙 「アートポスト 四六判/160kg、180kg、200kg、220kg」

コート紙のように、つるつるとした光沢がある白い紙です。
カラー印刷の表紙に使用する定番の用紙です。

カラー印刷用紙 「マットポスト 四六判/160kg、180kg、200kg、220kg」

アートポストのつるつるとした表面のツヤを消したしっとりとした質感と手触り感がある紙です。
ツヤ消しマットを選ぶ方も多くいらっしゃいます。

ご予算に応じて出版スタイルをお選びいただけます

自分史(ソフトカバータイプ)の価格表

■「簡易版」 自費出版・図書出版 印刷製本価格表

<表紙本文の印刷代・用紙代・並製本代込みの価格です。>(単位:円)(消費税別途)

「簡易出版仕様」 100部~350部の価格表

2015年7月1日 改訂
「簡易版」価格表(料金表):一般書籍サイズ四六判(127×188mm)又はA5判・B6判
  100部 150部 200部 250部 300部 350部
60頁 53,000 61,000 70,000 78,000 87,000 94,000
100頁 83,000 97,000 108,000 121,000 134,000 147,000
160頁 132,000 152,000 172,000 192,000 213,000 234,000
200頁 162,000 187,000 212,000 237,000 262,000 287,000
240頁 192,000 222,000 252,000 282,000 311,000 339,000
  • 著者によるパソコン・ワープロでの完全原稿(表紙/本文)を支給。
    弊社にてパソコンによるDTP編集制作を代行(オプション)することも可能でございます。
  • 簡易出版仕様のサンプル写真簡易出版仕様のサンプル写真簡易版並製/出版仕様
    • 表紙:上質 46/135kg(白い厚い紙) スミ1色/0(片面モノクロ印刷)
      • 表紙の用紙を「レザック」や「みやぎぬ」等に変更(オプション)することも可能でございます。
      • 用紙の種類は、ご提案させていただきます。
    • 背表紙:背文字あり
    • 見返し:なし
    • 本文:上質 46/70kg スミ1色/1色(両面モノクロ印刷)
      • 本文用紙をクリームキンマリ等の書籍用紙に変更(オプション)することも可能でございます。
    • オビ:なし
    • 表紙カバー:なし

■「標準版+特殊紙の表紙カバー巻き版」 自分史 自費出版 印刷製本 価格表

<特殊紙の表紙カバー(ろうけつ・みやぎぬ・ツムギ等)、表紙並製本文の印刷代・用紙代・製本代込みの価格です。>(単位:円)(消費税別途)

「標準版+特殊紙の表紙カバー巻き版」 100部~500部の価格表

2015年7月1日 改訂
一般書籍サイズ四六判(127×188mm)又はA5判・B6判
  100部 200部 300部 400部 500部
100頁 231,000 326,000 382,000 421,000 455,000
200頁 315,000 431,000 508,000 555,000 599,000
300頁 452,000 544,000 635,000 699,000 752,000
  • 著者によるパソコン(ワード・一太郎等)での完全原稿(表紙/オビ/本文)を支給。
    弊社にてパソコンによるDTP編集制作を代行(オプション)することも可能でございます。
  • 標準版並製「特殊紙の表紙カバー巻き版」基本仕様例
    • 表紙:特殊紙(ろうけつ・みやぎぬ・ツムギ等) 46/170kg スミ1色/0(片面モノクロ印刷)
    • 表紙カバー:特殊紙(ろうけつ・みやぎぬ・ツムギ等) 46/130kg スミ1色/0(片面モノクロ印刷)
    • オビ(書籍帯):なし
    • 背表紙:背文字あり
    • 見返し:タント 100kg
    • 本文:書籍用紙 クリームキンマリ 46/72.5kg スミ1色/1色(両面印刷)

「標準版(カバーなし)の費用」「本格版の費用」の詳細は、価格表ページをご覧ください!

「ハードカバー上製本版の費用」の詳細は、ハードカバー上製本ページをご覧ください!

自分史(文庫本タイプ)の料金例

  • ソフトカバー並製(PPコーディングを施したカラー印刷のカバー付き版)
    • 判型サイズ:A6版(105x148mm程度)文庫本仕上り
    • 総頁数:本文122頁+表紙+カバー巻き(本扉、中扉、本文、奥付含む)
    • 製本:ソフトカバー無線綴じ製本(A6タテ 右 くるみ製本) 
    • カバー:コート 46/110kg 4色/0(片面カラー印刷)
    • カバー加工:グロスPP加工
    • 表紙:色上質 最厚口 スミ1色/0(片面モノクロ印刷)
      • 表紙の用紙を「アートポスト」や「マットポスト」に変更することも可能です。
      • 用紙の種類は、ご要望をお聞きしたうえでご提案させていただきます。
    • 本文:書籍用紙 クリームキンマリ 46/72.5kg スミ1色/1色(両面モノクロ印刷)
    • 背表紙:背文字あり
    • 見返し:なし
    • オビ:なし
    • 表紙本文校正ゲラ出し:あり
    • カバーカラーはカラーサンプル出しあり
    • 部数:100部
    • 価格:約 20万4千円(消費税別途)

※著者によるレイアウト済みパソコンデータ原稿(表紙/本文)を支給。
弊社にてパソコンによるDTP編集制作を代行(オプション)することも可能です。

自分史(高級感のあるハードカバータイプ)の料金例

ハードカバータイプは、表紙の芯になる厚手のボール紙(芯ボール)に、カラーの紙や布クロスを貼り合わせることで強度を高め、丈夫でしっかりとした表紙は溝をつけて開きやすくしています。

高級感のあるハードカバー本は、耐久性にも優れ、長期の保存に適している為、永きにわたって読み継がれる自分史や記念誌などに幅広く利用されています。

  • ハードカバー上製 ( カラー表紙カバー付きハードカバー版 )
    • 判型サイズ:A5判又はB6判、四六判(127×188mm)仕上り
    • 総頁数:本文80頁(本扉、中扉、本文、奥付含む)+本体表紙+表紙カバー
    • 製本:角背上製本(ハードカバー仕上げ)
    • 本体表紙:アートポスト 46/180kg スミ1色/0(片面モノクロ印刷)をハードカバーに張り込み
      • 表紙の用紙を「マットポスト」に変更することも可能です。
      • 用紙の種類は、ご要望をお聞きしたうえでご提案させていただきます。
      • 化粧箱は、オプションにて対応が可能です。
    • 見返し:タント 100kg
      • 約 130色の中からお好みの色をお選びいただけます。
    • 本文:書籍用紙 クリームキンマリ 46/72.5kg スミ1色/1色(両面印刷)
    • スピン(しおりとなるヒモ):あり
    • 部数:100部 ( 300部以下は角背となります )
    • 価格:約 29万8千円(消費税別途)

※著者によるレイアウト済みパソコンデータ原稿(表紙/本文)を支給。
弊社にてパソコンによるDTP編集制作を代行(オプション)することも可能です。

☎ お客様相談窓口(電話相談サポート)

電話番号03-5875-0801  FAX03-5875-0878

自分史の自費出版の印刷製本サービスのことなら、お気軽にお問い合わせください。
お電話やFAXでも承っております。

→お問い合わせフォーム

自費出版の印刷・製本加工サービスサポート
[電話相談サポート] TEL: 03-5875-0801
FAX: 03-5875-0878
E-mail: info@jihi-syuppan.com

≪お問い合わせフォーム≫
自費出版(自分史)のお問い合わせ、および、ご質問につきましては、こちらの【お問い合わせフォーム】でも受け付けております。

≪お問い合わせメールアドレス≫
E-mail: info@jihi-syuppan.com

受付時間: [電話相談サポート] 月~金 9:30~18:30

  • 打合せ等のため、日によっては、受付時間を18:00までとさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。お急ぎの場合は、一度おかけください。
  • [メール・FAX]随時受付